Antique Single Diamond with Tiny Double Diamond Ring

研磨の技術やデザイン的な工夫など「ダイヤモンドをより輝くように見せたい」という想いがいつの時代にも存在し、そして様々なジュエリーが生み出されてきた。ダイヤモンドをより白く輝かせるために石の周りにのみホワイトゴールドを使用して、光の入口を兼ねサイドに装飾が施されたリング。これは1910's-30's、Art Deco時代に流行し、多く作られたスタイルです。作られてから100年が過ぎようとしているのに、その輝きや魅力が色褪せることなく感じられるのは、「より輝くように」という時代性とは関係ない普遍的な想いを深く感じられるからだと思う。

■Material : 14kt Yellow Gold, 14kt White Gold, Diamond
■Ring Size : 12号



古いモノとなりますので、リングとダイヤモンドには変形やキズなどがあることをご了承ください。またサイズ直しはお受けしておりませんので、ご注文の際にはサイズをご確認ください。


SHOPPING GUIDECONTACTLEGALPRIVACY POLICY