Double-Sided Fancy Rosecut Diamond Necklace (SOURCE)

ドーム型にカットされた宝石をローズカットと呼ぶ。それに対して、こちらは前面にも背面にも山なりにカットされた、両面ローズカットのダイヤモンド。輪郭に沿って細い金の枠で囲って吊るしてみると、前後左右いろいろな方向から浴びた光が複雑に絡み合った美しい輝きを放つ。また両面が盛り上がって石に厚みがあるため、光がダイヤモンドを通過しづらくたっぷり反射させているのも、もうひとつの美しさの理由だろう。

■Material : 18kt Gold, Diamond
■Chain Size : L=450mm(420个琉銘屬任盪藩儔椎宗

上記写真、左からA,B,C

<A>
■Diamond : 0.26ct

<B>
■Diamond : 0.29ct

<C>
■Diamond : 0.22ct



天然石のため、1点しかありません。ダイヤモンドには自然物特有のインクルージョン(結晶・割れ)が含まれることをご了承ください。
ご注文の際には、「Stone」のコーナーよりお好みのダイヤモンドをお選びください。


<Rosecut Diamondについて>
いかに光を反射させ、輝かせるか、時代の技術を駆使したカットの歴史がダイヤモンドの歴史と言っても言い過ぎではないかもしれません。ローズカットとは平らな底面から頂点に向かって三角形が連なるようにドーム状にカットされており、その姿がバラの蕾に似ていることから名付けられました。その歴史は16世紀までさかのぼり、現在よく目にするブリリアントカットのような光の屈折を計算して考え出されたカットより以前のカットで、受けた光を反射させて輝かせるクラシックなカッティングスタイルです。


SHOPPING GUIDECONTACTLEGALPRIVACY POLICY