Triangle Trapiche Rosecut Diamond Necklace (SOURCE)


トラピッチ(Trapiche)とは三角形や棒状の模様が放射線状に描かれた宝石を指します。エメラルドでは度々目にすることがありますが、ダイヤモンドのトラピッチは非常に珍しいモノです。こちらはジンバブエで産出されたトラピッチ・ダイヤモンドです。特徴的な柄とダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すため、ダイヤモンドの後ろに磨いたプラチナ箔を敷き、鏡のように柄と輝きを反射させています。「珍しいから良い」とは思いませんが、個性的な姿に惹かれる何かを感じることでしょう。

■Material : 22kt Gold(Charm), 18kt Gold(Chain,Parts), Platinum, Diamond
■Chain Length : L=400mm

<A>
■Diamond : 0.35ct

<B>
■Diamond : 0.26ct

<C>
■Diamond : 0.14ct



天然石のため、1点しかありません。トラピッチ柄の濃淡には個体差があり、確認しずらいモノも含まれます。ダイヤモンドには自然物特有の、インクルージョン(結晶・割れ)が含まれることをご了承ください。
ご注文の際には、「Stone」のコーナーよりお好みのダイヤモンドをお選びください。


<Rosecut Diamondについて>
いかに光を反射させ、輝かせるか、時代の技術を駆使したカットの歴史がダイヤモンドの歴史と言っても言い過ぎではないかもしれません。ローズカットとは平らな底面から頂点に向かって三角形が連なるようにドーム状にカットされており、その姿がバラの蕾に似ていることから名付けられました。その歴史は16世紀までさかのぼり、現在よく目にするブリリアントカットのような光の屈折を計算して考え出されたカットより以前のカットで、受けた光を反射させて輝かせるクラシックなカッティングスタイルです。


CATEGORY

SHOPPING GUIDECONTACTLEGALPRIVACY POLICY