Antique Two Tone Flat Patterned Ring


葉っぱや草木などの自然のモチーフや、幾何学的な模様が規則的に並んだリングは1900年前後(Victorian時代)に結婚指輪として流行したモノ。1900年といったら、日本は明治時代。そんなに昔のモノがこうしてまだ着用できるカタチで残っていて、なおかつデザイン的に古さを感じることなく、むしろ現代にはない新しさを感じられることに驚かされる。改めて、ジュエリーの持つ普遍的な魅力を証明してくれていると思う。おひとつで楽しむもよし、お持ちのリングと重ねてアレンジすると、さらに楽しさが膨らむような気がする。
Pink GoldとYellow Goldで素材を使い分けて、幾何学的な模様が施されたリング。ゴールドの素材は不明ですが、おそらく10金だと思います。

■Material : Gold
■Ring Wide : 6-6.5mm
■Size : 10号




古いモノとなりますので、リングには変形やキズなどがあることをご了承ください。またサイズ直しはお受けしておりませんので、ご注文の際にはサイズをご確認ください。


CATEGORY

SHOPPING GUIDECONTACTLEGALPRIVACY POLICY